DHA・EPAの効果を高める成分まとめ

セントジョーンズワートとの相性

 

ヨーロッパ原産のハーブであるセントジョーンズワートは、サプリメントとしてもポピュラーな成分です。その昔は薬としても活用されていたこの成分と、DHAの関係性について見ていきましょう。

 

ハーブ

 

セントジョーンズワートとは

 

セントジョーンズワートとは、その昔ヨーロッパで民間薬として活用されてきたハーブの一種です。日本名をセイヨウオトギリソウと言います。その効果は高く、外用、内服用どちらにも活用されています。

 

日本ではサプリメントとして手に入れることが可能で、ドラッグストアなどで手軽に手に入れることができます。その効果の高さに比べ、服用した際の副作用のリスクが極めて低い、とても安全な成分であるとも言われています。

 

セントジョーンズワートの働き

 

セントジョーンズワートの最大の働きは、うつ症状などによる精神的不安定の改善効果です。

 

このような精神的不安は、セロトニンなどの神経伝達物質の不足によって起こると言われていますが、セントジョーンズワートは、これら神経伝達物質の分泌を促したり、神経伝達物質のバランスを整える働きを持っています。

 

イライラしがちな人や、ストレスが溜まっている人、不眠症などで悩んでいる人におすすめの成分です。

 

セントジョーンズワートと同時摂取すると

 

DHAには頭の働きをアップしたり、血流改善、アレルギー症状の改善などのほかに、うつ病予防や精神をリラックスさせる効果があります。DHAを摂取することで、精神をリラックスさせ攻撃性をなくし、ストレス緩和へとつなげます。

 

セントジョーンズワートと似通った働きがとても多く、一緒に摂取することで、さらなるリラックス効果が見込めます。