DHA・EPAの効果を高める成分まとめ

ビタミンEとの合わせ技

夫婦

DHAやEPAととても相性の良い成分があります。単体で摂取しても健康効果の高い2成分ですが、他の成分と一緒に接することによって効果をアップさせることが可能。ビタミンEを一緒に摂取した場合、どのような効果アップを狙えるのでしょうか。

 

ビタミンEとは

大変抗酸化作用の強い脂溶性ビタミンです。血行を良くする働きもあるため、肩こり対策にビタミンEサプリメントを飲む女性も多いようです。熱に強いため、油で炒めるなど、加熱する調理方法でも壊れることがなく摂取できます。ただし光に弱いため、その保存方法の注意しなければならない栄養素です。

 

ビタミンEの働き

ビタミンEの特徴は、とにかくその抗酸化作用にあります。強力な抗酸化作用は、体内の活性酸素を除去し、体をサビさせる原因を取り除きます。活性酸素によって過酸化脂質化するのを防ぐことで、動脈硬化予防、高血圧予防、心筋梗塞予防など、生活習慣病全般の予防に効果を発揮します。新陳代謝を活発にするため、美肌効果にも長けていると言われています。

 

ビタミンEと同時摂取すると

DHA・EPAとビタミンEの関係性はとても深いものがあります。DHAとEPAは不飽和脂肪酸ですが、不飽和脂肪酸はとても酸化しやすい成分として有名。大変酸化しやすい不飽和脂肪酸は、体内の活性酸素の絶好の的です、そのため、活性酸素から守ってくれる、そんな成分が必要になります。その役割を強力な抗酸化作用を持つビタミンEが請け負うことによって、DHA・EPAの働きをスムーズにさせてくれます。

 

DHA・EPAについて詳しく知りたい:DHA・EPAの基礎知識

抗酸化作用をより高めたいなら、セサミンとの合わせ技もおすすめ!