DHA・EPAの効果を高める成分まとめ

DHAとEPAの関係

DHAとEPAはどちらもn-3系多価不飽和脂肪酸です。その構造はとても似ていますが、効果や働きに違いがあります。体内合成できない必須脂肪酸として一緒に摂取することが多いこれらの成分ですが、DHAとEPA、ふたつの成分の関係性とはどのようなものなのでしょうか。

 

DHAもEPAもn-3系多価不飽和脂肪酸であり、体内合成不可能な必須脂肪酸のため、体外から摂取する必要がある重要な成分です。その分子構造は非常に似ており、悪玉コレステロール、中性脂肪を減少させる働き、精神を安定させる働き、抗炎症作用、免疫力アップなど、その効果も似たところが多聞にあります。DHAは脳に効く成分ですが、EPAとは脳へのアプローチに違いがあり、その関係性が成り立っています。

 

脳には、脳にとって害のある物質が入って来ないようにせき止められる関所が存在します。その関所を脳に効く成分であるDHAは通り抜けることができます。それによってさまざまな効果を与えることができます。一方EPAは、先ほどの脳の関所をDHAのように通り抜けることができません。この違いは、DHAとEPAこのふたつの成分をお互いに補わせることにより、さまざまな病気のリスクを減少させることができる理由です。

 

DHAとEPAはそのお互いの良い部分によって補い合いながら効果を発揮しています。脳の関所を通過できるものとできないもの、コレステロールや中性脂肪に効果を発揮します。特にEPAは血液サラサラ効果が強力であり、動脈硬化や脳梗塞予防へと働きます。一節にはDHAはコレステロールに特に効果を発揮し、EPAは中性脂肪に働きかけると言われています。そのお互いのバランスがとれることによってさらに効果アップを狙えます。

 

DHA・EPAの抗酸化作用をもっと高める合わせ技はこちら