DHA・EPAの効果を高める成分まとめ

オリザプラスとの相性

 

大手飲料メーカーサントリーが独自開発したという成分がオリザプラスです。オリザプラスは多くの健康効果を持っていることで大変注目されています。どのような成分なのでしょうか。

 

玄米

 

オリザプラスとは

 

オリザプラスとは、私たち日本人と非常に馴染み深い食材である玄米から抽出されたポリフェノールの一種のことです。このオリザプラスは大手飲料メーカーであるサントリーが独自に開発した成分です。

 

玄米は多くのビタミン群やミネラル群、食物繊維などの豊富な栄養素を含有している健康食材として有名ですが、オリザプラスが含まれているのは玄米の胚芽部やぬかです。

 

精米した白米には胚芽部は取り除かれているため、同じ米でも白米には含まれていません。最近では、美や健康に貪欲なトップモデルやセレブたちが玄米食を取り入れることで、再び玄米の豊富な栄養素に注目が集まっています。

 

オリザプラスの働き

 

オリザプラスには美容と健康、そのどちらにも働きかける効果があります。

 

  • 自律神経不調による不眠や疲労感、頭痛などの改善効果
  • ハリツヤアップの美容効果
  • 血液の酸化や肝臓ダメージを抑え、肝機能アップ効果

 

1〜2週間程度の摂取により約6割の人が不眠や疲労感の改善などの健康効果を実感したり、肌表面の温度や血流が改善するなどの美容効果があるとのことです。

オリザプラスと同時に摂取すると

 

DHAやEPAは非常に酸化しやすい成分です。酸化することで、DHAとEPAの効果も減少してしまいます。オリザプラスは抗酸化作用の強い玄米ポリフェノールであるため、DHAとEPAが酸化してしまうのを防いでくれます。

 

また、DHAはイライラ抑止物質セロトニンの分泌を高める働きを持っています。オリザプラスが持つ自律神経のバランスを整える働きとの相乗効果によって、さらなるリラックス効果を高めることができると考えられます。