DHA・EPAの効果を高める成分まとめ

クロセチンとの相性

 

強力な抗酸化作用を持つ成分であるクロセチンですが、天然の色素であるカロテノイドの一種。このクロセチンとDHAやEPAを同時に摂取することで、どのような効果が得られるのでしょうか。クロセチンの働きについて見ていきましょう。

 

老眼の男性

 

クロセチンとは

 

クロセチンは天然色素であるカロテノイドの一種です。主に黄色色素を持っており、サフランクチナシなどの植物に多く含まれています。

 

クロセチンはカロテノイドのため、とても強い抗酸化作用を持つことでも知られています。どちらもその昔から漢方として活用されてきたものです。現在では、サフランはサフランライスなどに代表されるように、スパイスなどとしても使われています。

 

クロセチンの働き

 

クロセチンの主な働きとして、目の健康を守ることが挙げられます。視力はレンズの役割を持っている水晶体と、それを両端から支える毛様体筋によって影響を受けます。

 

重要なのは毛様体筋という筋肉。この毛様体筋が伸びたり縮んだりすることによって、ピント調節を行っているのです。ですが、年齢を重ねることで、この毛様体筋がスムーズに動かなくなることで、ぼやけて見えるなどの症状が現れます。

 

これが老眼と呼ばれる原因です。クロセチンには、毛様体筋の働きをスムーズにする効果があると言われています。

 

クロセチンと同時摂取すると

 

DHAやEPAは非常に酸化しやすく、体内で消費されるまでその品質を保つことはとても難しいことです。クロセチンは自身が持つその強力な抗酸化作用によって、DHAやEPAが酸化してしまうのを防ぐとともに、とても分子が小さいため、体内で吸収されやすく、その効果を存分に発揮できるという性質を持っています。

 

そのため、DHAやEPAと同時に摂取することで、DHAやEPAの効果も高めることができます。