DHA・EPAの効果を高める成分まとめ

コエンザイムQ10 との相性

コエンザイムQ10はスキンケア製品などにも使われている美肌効果の高い成分です。コエンザイムQ10とDHA・EPAを一緒に摂取することによって、女性に嬉しい効果がアップします。どのような関係性によってその効果を得ることが出来るのでしょうか。

 

コエンザイムQ10とは

私達の体には消化を助ける消化酵素と代謝を助ける消化酵素が存在します。それらの酵素をサポートする成分を補酵素と言いますが、コエンザイムQ10はその補酵素のひとつです。コエンザイムQ10は食事により摂取した栄養素から合成され、体中のあらゆる細胞に存在しています。エネルギーの素となる成分のため、コエンザイムQ10が体内に豊富に存在していれば若々しい体を保つことが出来ると言われています。

 

コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10はさまざまな働きを持っていますが、女性に一番注目を集めている働きが美肌効果ではないでしょうか。肌の若々しさを決めると言われるコラーゲン生成を助け、28日周期と言われるターンオーバーをスムーズに整えます。また悪玉コレステロールを減少させるため、生活習慣病予防にも効果的。骨粗鬆症予防や関節痛予防にも働きかけます。

 

コエンザイムQ10と同時摂取すると

コエンザイムQ10とDHA・EPAを一緒に摂取することで、どちらにとっても有効な効果が見られます。コエンザイムQ10は抗酸化作用の強い成分であるため、酸化しやすい不飽和脂肪酸であるDHAとEPAの酸化を防いでくれます。

 

また、コエンザイムQ10は脂溶性の成分です。脂に溶ける性質を持っているため、脂肪酸であるDHAとEPAによって溶け、体内に吸収されやすくなるという利点があります。お互いの良い部分を有効的に使うことで、効果を確実にアップさせていると言えます。

 

DHA・EPAについて詳しく知りたい:DHA・EPAの基礎知識