DHA・EPAの効果を高める成分まとめ

DHA・EPAの基礎知識

 

DHAとEPAの違い

サプリメント

どちらも同じ不飽和脂肪酸であり、主に青魚に多く含まれているDHAとEPA。このふたつの成分は似ている部分もあれば、違いもあります。その違いを知ることで、今後のサプリメント選びにも役立つでしょう。そんなふたつの成分の違いとは?

 

DHAとは?

DHAとは正式名称をドコサヘキサエン酸といい、多価不飽和脂肪酸の一種。主に青魚に多く含まれており、血中脂質を減少させることに長けた成分です。脳細胞を活性化、神経伝達物質のスムーズな流れをサポートし、視神経にもアプローチし、視力回復効果もあると言われています。最近では、粉ミルクにも配合されていることも多い、私達にとって必要不可欠な栄養素のひとつ。

 

 

EPAとは?

EPAとは正式名称をエイコサペンタエン酸といい、DHAと同じく多価不飽和脂肪酸の一種です。また体内で合成不可能な必須脂肪酸であるため、外部からの積極的な摂取が必要な成分です。EPAの主な働きのひとつに血流改善効果があります。コレステロール値を抑え、血栓が作られるのを防ぎ、動脈硬化予防にも効果的だとされています。

 

DHAとEPAの違い

DHAとEPAの違いを簡単に言えば、その効果の違いと言えるでしょう。DHAもEPAもどちらもαリノレン酸と同じn−3系多価不飽和脂肪酸であり、体内合成できない必須脂肪酸です。DHAはEPAが持っている働きをほぼ持っていますが、血液サラサラ効果や血栓予防、アレルギーを抑える効果はEPAが少し優れています。逆に脳への働きかけ、視神経への働きかけなどはDHAだけが持っている効果です。

DHA・EPAのについてさらに詳しく知るには。
参考サイト:http://dha-epa-tobira.com/shiritai/dhaepa.html (DHA・EPAサプリの扉)

 

DHA・EPAを一緒に摂取するといいの?

お互いに支え合っている

DHAとEPAはどちらもn-3系不飽和脂肪酸であり、体内合成できない必須脂肪酸でもあります。似たような分子構造を持ったこのふたつの成分ですが、お互いにできること、できない事を持っており、その部分部分を補い合うことによって効果を発揮することができる、そんな成分です。どちらか単品でもそれぞれに働きがあり効果はありますが、更なる効果を期待したいのなら、同時摂取が望ましいと考えます。

 

病気のリスクを減少させる

DHAとEPAはお互い得意な働きを持っています。特にDHAの一番の働きと言えば、脳機能の発達、維持、老化防止などが挙げられますが、動脈硬化や脳梗塞など、危険な病気になるリスクを減少させるという働きも持っています。その働きはEPAにもあり、動脈硬化になりにくい、血栓を予防するという働きにより、同じく病気のリスクを減らします。ですが、ふたつの成分のアプローチ法は異なり、同じ目的に向かって、別の道から進むことにより、効果アップの可能性を探ることができるのです。

 

DHAとEPAは一緒に摂取すると良い

DHAは脳に効く成分として知られていますが、DHAもEPAも別々の方法で脳の血管を健康にしなやかに保ってくれます。DHAにはあまり備わっていない血液サラサラ効果、血栓予防効果はEPAが補いますが、脳にある関所はDHAが通過し、脳に近い場所で働きます。また、DHAはコレステロールを減少させる働きに長けており、EPAは特に中性脂肪に効果を発揮するとの話もあり、ふたつの成分を同時摂取することは、その効果を倍増させると言っても良いでしょう。

 

 

DHA・EPA摂取に適した時間はあるのか

DHAもEPAも天然原料であり、医薬品ではないため、必ずこの時間に摂取しなければならないという決まりはありません。食事からの摂取であれば、1日3食の食事のうち、どれか1食に組み込めば大丈夫。

 

もしもサプリメントやその他の健康補助食品で摂取するとすれば、食後が一番良いのではないでしょうか。食後30分以内に、まだ消化器官が活発に活動している間に摂取するとスムーズな効果を得られると言われています。

 

食事内容も吸収率に関係する

食事により摂取する場合を除き、サプリメントや健康補助食品での摂取は食事内容によっても変わってきます。サプリメントなどを摂る際、食後あまり時間を置かない方が良いと言われていますが、DHAとEPAは脂肪酸であり、脂溶性です。

 

多少の油分と一緒に摂取すると体内でも吸収率がグンっとアップします。

 

献立をたてる場合、吸収率が良くなるように食事メニューを組むとさらに効果アップを狙えます。

 

数回に分けて摂取

サプリメントや健康補助食品にでDHAとEPAを摂取する場合、大抵のサプリメントな1日に数粒摂らないといけない場合がほとんどです。中には1日5〜6粒摂取が必要なものもあり、そのような場合一気に飲んで良いのか迷ってしまうところ。

 

そのような場合は、1日の活動が始まる朝、朝食後に3粒、そして夕食後に2粒などと言う風に数回に分けると良いでしょう。一度に多く摂りすぎても、また空腹時でもあまり吸収率が上がらないため工夫が必要です。

 

効果を妨げるものを排除

DHAやEPAの働きを妨げるものとして、トランス脂肪酸が挙げられます。トランス脂肪酸が含まれる食品はこのようなものが挙げられます。

  • マーガリン
  • マヨネーズ
  • お菓子
  • ケーキ
  • インスタント食品
  • ファストフード

トランス脂肪酸は悪玉コレステロールの増加を招くとして、アメリカでは全廃されることが決定しました。日本ではまだそのような決まりはありませんが、このトランス脂肪酸は、DHAやEPAの働きを邪魔する成分だと言われています。そのため、DHAとEPAの効果をアップさせたい場合、トランス脂肪酸を摂取しないようにする必要があります。

 

摂りすぎないこと

DHAもEPAも天然の栄養素なので、多少摂りすぎたとしても健康に影響を及ぼすことはまず考えられません。ただし、やはり摂りすぎには注意しなければなりません。DHAとEPAの1日の理想的な摂取量は1000mg〜1500mg。多く摂取したからといって効果アップすることはありません。体質によっては下痢や吐き気、血圧の上昇などの症状が現れる人も。

 

薬の服用には注意

DHAとEPAは天然の原料と言えど、薬を服用している人は注意しなければなりません。魚などの食材から摂取を考えている人はあまり気にしなくても構いませんが、サプリメントなどで補っている人は気を付ける必要があります。血液をサラサラにする作用がとても強いため、血液凝固を目的とする薬との併用は危険です。また血圧降下薬との併用は血圧を下げ過ぎる可能性があるため、避けた方が良いでしょう。